先日食品ロスの特集をやっていたテレビをみました

###Site Name###

先日食品ロスの特集をやっていたテレビをみました。


それは、長期保存の食品でも賞味期限がまだある食品なのですが販売期間と言うのが過ぎると廃棄処分されてしまうのです。
例えば、賞味期限が製造から1年とします。

それが、4か月目過ぎても売れなかったりすると小売店から廃棄処分されてしまうとのことでした。

この4か月というのはあくまで例えなんですが、このように賞味期限がまだまだあるのに処分されてしまうのです。ですが、最近はそんな現場をもったいないから何かに生かせないかと考えた会社があり、この廃棄処分する食品をホームレスに配布したり、生活保護を受けてる人に無料配布したりして有効活用してるそうです。

NAVERまとめについて正しい知識を持つこと重要です。

今後の日本コーンスターチに詳しくなるためにもう1つ大事な日本コーンスターチがあります。
結構、食品ロスの数は年間かなりの数とのことで、これを生かしたら生活に困ってる人を救うことが出来るのではないかと思います。

食品以外にもこういうふうに処分してしまう商品も多いと思います。

確かにお金を出して買ってる人と処分する物を無料でもらう人の差はありますが、やはり廃棄処分するよりは断然生かせるほうがいいと思います。

廃棄処分するにも企業ではお金がかかります。それなら欲しい人にあげたほうがいいとも思います。


また、この食品ロスを仲介してる会社は大変両社から感謝されております。

ここの社長さんは喜ぶ顔が忘れられないからこの仕事を立ち上げてよかったと言っておりました。



廃棄処分する食品も決して悪い物ではありません。

賞味期限は超えてないし、確かに出来たての食品に比べたら少し劣りますが味のおかしさはないそうです。

昔から食べ物は粗末にしてはならないと子供の頃から皆教育されてると思います。

地方名産品のお得情報を公開します。

小売店で廃棄処分する食べ物も、たとえ自分がお金を出して買ってない物でも粗末にしてはならないと思います。

その処分する食べ物で多くの人が助かるかもしれないのです。

飢えてる人にそんな廃棄処分する食べ物があったら、生きれるのにと強く思ってしまいます。